アグリーベティ

私は「ゴースト天国からのささやき」がお気に入りです。まず、とにかく主人公のジェニファー・ラブ・ヒューイットが美人!手足が細く、グラマラスで何を着てもお人形さんみたいに可愛いのです。そして、演技も上手く、普通の人は持っていない霊が見える能力に苦悩しながらも、どうすればその能力が役に立てるかポジティブに考えるところの演技が魅力です。どうして彼女に惹かれるのか?それは表情だと思います。喜怒哀楽がはっきりしており、彼女の表情の深さが物語へとますます引き込むのです。シナリオに話を戻すと、主人公の彼女は幼い頃から霊が見え、その霊をあの世に旅立たせるのが使命なのですが、時にはその能力ゆえに友人や旦那さんなど大切な人が亡くなってしまい、その人達を旅立たせるという辛い局面にもさらされます。特に一緒に働いていた友人の死は強烈で、飛行機が街に墜落し、大勢の死者をあの世に旅立たせないといけなくなる場面に友人も含まれており、友人に死を理解させる部分やゆっくりお別れも出来ないところが涙を誘います。また、彼女の能力をよく思っていない、死者を現世に止めて悪さをたくらむ奴らがおり、彼女の使命である死者の旅立ちを邪魔してきます。味方だと思っていた人が実は敵だったり、味方が敵に操られたりとシナリオにアップテンポがあり、先を予想したりしながら見るととても面白い作品です。ラストは敵からの危害は後に生まれる彼女の息子にも及びます。そのうえ、なんと彼女自身も敵に操られるという衝撃の展開になります。最後までハラハラドキドキして見ることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です