ビバリーヒルズ青春白書

ビバリーヒルズ青春白書をみたきっかけは、中学生のころ、なかよしの姉がみていたのが、きっかけでございます。
当日、このドラマは、かなり、はやっており、わたしのまわりのどうきゅうせいもまた、みておりました。
ドラマはいちど、見だすと、次回がすごく、きになり、一度でも、みのがしたくないと感じる性格であるため、当日、塾にかよっており、その時間帯に、見ることができないときは、ビデオ録画をしてから、塾に安心して、いくことが、できました。
ざんねんなことは、ビデオが古いタイプの、カセットテープでしたので、映像がいまとくらべたら、非常に、よくないということでした。
このドラマは、名前のとおり、青春ドラマです。
このドラマにでてくる、ジェイソンプリーストリーが、いちばん格好がよくて、わたしは、大好きな俳優でした。
よく、シリーズ作品で、ながい期間、放送しつづけると、途中で、キャストが、変更されたりします。
よくみていた、海外の映画においても、この俳優、女優がすきだから、みていたにもかかわらず、いきなり、次のさくひんから、主人公がかわったりして、大変、残念に感じました。
ジェイソンプリーストリーが、すきなわたしですが、そのほかには、シャナンドハティーが、大好きな女優のひとりです。
なかなか、気の強く、撮影時は、ほかのキャストたちと、うまく、折り合いがつかないときが、あったそうでしたが、ドラマでは、そういうことは、いっさい、かんじさせないくらいに、演技がうまかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です