資金繰りに行き詰ったら

資金繰りに行き詰ったら

中小企業の社長さんには、妙な融資のファックスが入ることがあるようです
このファックスは、一般的にシステム金融と呼ばれる闇金です。手形を担保にして貸付をするのですが、この手の業者は一般に言われる闇金と違い、単なる違法な高利貸であることもあります。しかし、社会問題化している闇金のように詐欺まがいの行為で会社を破滅させてしまうことも多くあります。この手の業者を利用してしまう会社は、資金繰りに行き詰っているので借りたとしても返済の目途が立ちません。手形を担保に取られているので、その手形がどこに回っているかもわからないので、資金ショートをして銀行取引停止になった際の債務者の取り立ては過酷なものがあります。わけのわからない金融業者からお金を借りてはいけません。
とはいえ、資金繰りに窮したら仕方ないという社長さんもいます。
お金が無いなら借りる先はどこがおすすめ?
しかし、一旦闇金に手を出したら抜け出すことができないという点は、個人の被害者と同様です。特に会社の社長さんは会社と一心同体のため、会社の多額な負債を自分で背負い込む必要があるのです。普通の会社の倒産であっても銀行や債務者に長期間返済し続けている元社長さんがいるほどですから、その相手が闇金だったらどのような結末を迎えるかはわかるはずです。
では、どうしたらいいのかと言われるでしょう。
資金繰りに窮したら、システム金融のような闇金に手を出す前に破産させてしまうことが一番です。会社を破産させた場合、社長さん方も同時に自己破産することが一般的ですが、債務を全て整理してやり直すことがベストの選択です。弁護士に相談してもこの段階であれば大抵対処してくれるはずです。一旦闇金に手を出してしまうと、弁護士も対処に手間がかかるため相手にしてくれないことが多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です