自己破産

自己破産を行う事によるデメリットは、まだ他にもあります。当然ながら、他の債務整理方法と同様に、あらゆるカードが作れなくなりますし、新たな借入もできなくなります。また、破産したが故に、弁護士や司法書士などの職業に就く事ができなくなります。保険外交員もその対象になる可能性があります。ただ、いずれの職業も、永遠にその職に就けないという訳ではありませんので、ご安心を。
これまでご紹介しました様に、自己破産は一部の資産を失うというリスクはあるものの、免責が認められれば借金が完全にゼロとなりますので、人生の再出発を支援する方法としては、最適な方法なのかも知れません。自己破産をしたからと言って、一部の職業を除き解雇されたり左遷されたりする事もありませんので、従来通り働く事ができます。何しろ最大のメリットは借金を返済する必要が無くなる事であり、収入のほとんど全てが自由に使える様になるのです。お金が自由に使えるという事で、ギャンブルなどで激しく浪費をしない限りは、借金無しの健全な生活を持続する事ができます。これを機に、考え方を変えて二度と多重債務を繰り返さない様に心がけましょう。カードが作れない、使えないと考えるのではなく、借金が無いし、預金があるのだからもうカードはもう要らないと考え、すべてを現金決済の生活パターンに切り替えると、自ずと借金癖や浪費癖も無くなっていくものと思いますよ。
ただ、一点ご注意を。自己破産は、誰でも認められる訳ではありません。例えばギャンブル癖がひどく、以前にも免責を受けている様な方は、再度免責を受ける事ができない可能性もありますよ。

リボ払い デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です